2017 05 / 04 last month≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫06 next month
スポンサーサイト  --/--/--  
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 | スポンサー広告  | Page Top↑
夜咄しの懐石  11/20/2009  

11月のお懐石のテーマは
冬至~立春頃、つまり夜が長い時期に行われる茶事「夜咄し(よばなし)」でしたさとと-キャンドル


夜咄しとは・・・
暗がりのなか蝋燭に灯りをともしておこなう夜の茶事のことですお茶
暗いからって、怖い話をしたりはしません笑

煎茶―炭―懐石―濃茶―薄茶
というのがおおまかな流れ。

通常3名、多くて5名ていどの人数で
3時間くらいの、正午などよりやや短かい時間をかけて行われます。

茶道を極めた手練(てだれ)が集まる会で、
「夜咄しができるようになれば一人前」
ともいわれるそうですハート

寒さのしみる時期に
主にご年配のお客様を迎えるので、
とにかく「温かくもてなす」というのが
夜咄しで一番大事な心がけすきすき!
なんですって。




~床飾り~

夜咄しにはお花を使いません。
花の影がうつり、かえって陰気になるから風
というのがその理由だそうです。


よばなし


書院・広間には、盆石・盆山・石菖を飾ります。
石菖は、和ろうそくの油煙を吸ってくれるのだそうです。

土のもの(植木鉢)は一切飾らないのがきまりなので
土をきれいに洗い流し、小石の中に移し変えて飾ります。




~夜咄しの懐石~

器は蓋向であるべし、だそうなハート
客人を温かく迎えるという考えが生きてますね。


・葛湯
・向付/甘鯛のかぶら蒸し
・汁 ・飯 ・香物
・煮物/うずらそぼ真蒸
・鉢(たきあわせ)/鰤 大根
・追肴/鯵のみぞれ和え
・追肴/富有柿 ぜんまい ゴマ白和え
・吸物/椎の実
・八寸/カラスミ 青み大根




夜の闇と、ほのかなあかりが美しく、
幽幻という言葉がぴったりの茶事らしいので
是非行ってみたいものですがハート
しかし*choco*が堂々と参加できる日は・・・こなそうだな~顔文字 汗

スポンサーサイト
今日の出来事 | おでかけ  | TB(0)  | CM(0) | Page Top↑
Secret




TrackBack URL
→http://choco1221.blog74.fc2.com/tb.php/37-c26ea9e2

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード