2017 05 / 04 last month≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫06 next month
スポンサーサイト  --/--/--  
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 | スポンサー広告  | Page Top↑
ブックスタート2回目  09/22/2010  
ブックスタートの講習会第二回目に行ってきました

保育園の園長先生をつとめてらっしゃる中村柾子先生が
現場の立場から、お話してくださいました。

<講義の内容、覚書>

・赤ちゃんは絵本が好き=お母さんに語りかけてもらうことが好きだから
・赤ちゃんは音に敏感
・絵本にしかけは必要ない
・テレビゲームのような一方向の遊びではなく、
 おもちゃを選ぶときは年齢や状況に応じて変化をもたせられるものがよい
・言葉は肉声で届ける(テープやDVDは×)
⇒絵本とは、ことばをツールに親と子の心を結ぶもの

・赤ちゃんは、食べ物、おもちゃ、身の回りにあるものに興味をもつので、
 初期の絵本にこうした題材が多い
・大人が気がつかないような小さな違和感にも、子供は気づく
⇒なるべくリアルで写実的な絵の本を選ぶほうがよい

・初期の絵本は、一ページごとに完結するようなものが多く、
 そこから2~3ページでひとくくりになるもの、
 大きくなったら一冊で物語が完結するようなものへ移行していくとよい
・無理強いはしない
・関心をすもの、示さないものには個人差がある
・絵本に子どもをあわせるのではなく、子どもに絵本をあわせる
⇒絵本を考えることは、子どもを観察し理解することといえる

・なにより大事なことは、自分の体をつかって遊べるようになること
・「ふしぎだなぁ」「なんだろう」という気持ちをもたせる
⇒実体験が大切。体験とことばを結びつけること、これが本当の意味の知識である

・なるべくいろいろな種類、作者の本をみせる
・白黒が嫌いかというと、そうでもない
⇒色彩感覚は子どものうち培われるものなので、多くの色に触れさせる

大体時間を決めて、かといってプレッシャーに感じない程度に、
毎日少しずつ読んであげるといいそうです

絵本は、妊娠中から少しずつ集めていますが、
娘ちゃんがくいつく本と、そうでない本とあります!
いまはまだ、「聞く・みる」よりも
「味わう・かじる」ほうが好きみたいですが

このたび新しく我が家にやってきた絵本は・・・

シェル・シルヴァスタインの「おおきな木」
新訳版は、あの村上春樹です
なんだかんだと文句いいつつもファンみたいなもんなので
買ってしまいました
娘ちゃんが読めるようになるのは、
まだまだまだまだ先ですね
スポンサーサイト
日記 | おでかけ  | TB(0)  | CM(0) | Page Top↑
Secret




TrackBack URL
→http://choco1221.blog74.fc2.com/tb.php/148-5384ae37

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード