2011 02 / 01 last month≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728≫03 next month
スポンサーサイト  --/--/--  
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 | スポンサー広告  | Page Top↑
今年の節分は。。
豆をまくと娘ちゃんが食べる確率100%なので
玄関に、柊の葉を飾るにとどまりました
年々ヒートアップしてる恵方巻き戦争もスルーし、
いつもどおり、普通のごはんをいただきました

この頃の食欲は、とどまるところを知らず!
お歳暮という日本の悪しき慣習のせいだわよッ
妊娠5ヶ月に突入、体重はすでに+3kg。
それでまた、医師のフトルナプレッシャーから心労をわずらうのかと思うとさぁ、
ストレスで、、ストレス解消に食がすすんでしまうという悪循環
二人目だからなのか、お腹はすでに結構でている。
伸びがいいのね、きっと。
次の検診は来週、17週目。
そろそろ性別わかるかな?
世の中には生まれてくるまで子供の性別を知りたくない人もいるそうだけど、
わたしは断然、はやく知りたい
女の子でも男の子でも、
どっちでもいいんだけど!

名前はすでに考えてます
女の子ならほぼ決まってるんだけど(漢字が決まらない)、
男の子なら8つ以上も候補あり
旦那氏とは、女の子の名前しかなぜか検討したことがなかった。。
二人とも、なんとなくチビが女子という気がしてるんだろうか?

娘ちゃんが寝たあと、昨日はひさびさの読書。
本屋でたまたま手にとった、海堂尊著「ジーン・ワルツ」読みました
短くて読みやすいので、トータル2時間くらいで読めちゃった。
内容を知らず買ってみたけど、
読んでビックリ。
妊婦いっぱい、出産いっぱい。
で、いまの自分にぴったりというか、タメになった気がする。
主たるテーマは「代理母出産」。
不妊治療の障壁や医療現場、とくに地域医療のあり方に疑問提起する内容で、
厚生官僚がメタクソ言われます
不妊治療は別として、
そういった点(政策とかさ)に関心薄い私としては
その部分はどうでもよかったんだけど(笑)
母になる者の神秘、奇跡ともよべる生命発生の軌跡を
改めて感じたというか・・
その部分は興味深く読めました。

おばーちゃんとか、おかんとか呼ばれる人って
全体的に涙もろいイメージが共通してたんだけど。。
子供をもったいまの自分も、
涙腺がゆるくなったなぁと感じる
ジーンワルツでも感動してしまい、ちょっと泣けてしまった。
テレビで芸能人が、
「こどもにケーキをつくっていたら『ありがとう』って言われて泣けた」とか、
「運動会で、こどもが走ってる姿みるだけでも泣ける」と言っていた。
そんなわけなかろう、と嘲笑するも、
どこか完全否定できない。
うーん、自分も泣くかもしれないな、
子育ては感動の坩堝だのぉ
スポンサーサイト
育児日記 | つれづれ  | TB(0)  | CM(0) | Page Top↑

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード